スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
yarn:moor 1st Album "So, I'll take your hand and.."
title : So, I'll take your hand and..
artist : yarn:moor
label : noble
cat no : CXCA-1251
定価 : ¥2100 (within tax)

1. warm, sweet and freeze / あたたかくて、優しくて、つめたいもの
2. it's blooming / はじまり
3. 1014
4. one cold day / さむい日
5. after time in the forest / あのあと、あの森で
6. pool of the sun / 雨のあしあと
7. snuffed at spring breeze today / 春のにおい
8. ephemera / エフェメラ


 noble レーベルがこの春に自信を持って送り出す新たな仲間を紹介します。サウンドプロデュースを手掛けるmoss(モス)、プログラミング担当のneuma(ネウマ)、そしてボーカルのtao(タオ)による3人組、yarn:moor(ヤーン・ムーア)の記念すべき1stアルバム『So, I'll take your hand and..』を、nobleよりリリースします。

 yarn:moorは、レーベルTiltlooseを共同運営するmossとneumaが2006年に結成したプロジェクト。そこに元ASTROで imaginionのMCとしても知られるtaoが加入し、トリオ編成での活動をスタートさせました。サウンドプロデューサーのmossは、ブリストルサウンドの重鎮Smith & MightyのRob Smithも絶賛する気鋭のダブユニットMANTISのメンバーでもあり、今年1月にはRHYTHM & SOUNDのMCであるTikimanをゲストボーカルに迎えた1stアルバムを発表したばかりです。

 雨音や鳥の声などの自然音、お風呂場やキッチンでの日常音などを採取し、ビンテージのアナログ機器とPCを駆使し加工した暖かみのある音色と、いきいきとざわめきだすノイズ、縦横無尽に躍るビート、そして中性的なハイトーンボイスで、ラップともポエトリーリーディングとも歌ともつかない揺らめくような taoのボーカルが溶け合い、「あたたかくて、優しくて、つめたい」独自の世界を描写します。

 瑞々しく淡いダブ。躍動するアンビエント。繊細で力強いエレクトロニカ。幾通りでも形容が可能なようで、そのどれにも収まらない不思議なポップネスに溢れたこの作品は、春去り夏来り秋と更わり冬と換わる中でのあらゆる出来事を、緻密に、そしてダイナミックに描いた、森羅万象の讃歌です。 yarn:moorが手を取り誘う豊潤な「もうひとつの世界」を、どうぞお楽しみ下さい。

noble

村尾泰郎氏によるアルバム解説:

 エレクトロ、ダブ、ヒップホップ……スタジオを実験室(あるいは遊び場)にしたサウンド・クラフトは、終わらない夏休みの宿題みたいにアーティストを絶えず刺激してきた。そうしたアプローチを自在に使いこなす新世代のアーティストが増えてきたなかで、今年1月にファースト・アルバム『dubious』を発表したMANTISは、スミス&マイティのロブ・スミスに絶賛され、ジ・オーブの来日公演では前座を務めるなど、日本のダブ・シーンが注目する期待の新星として登場した。そして、このMANTISの中心人物のモス(サウンドプロデュース)と、彼と共にTiltloose Recordsを主宰するネウマ(プログラミング)が06年からスタートさせたのがyarn:moor(ヤーン・ムーア)だ。その後、imaginion のメンバーとしても活動しているタオがヴォーカルとして参加して、現在のトリオ編成に落ち着いた。

 彼らのクロスオーヴァーなサウンドを説明するには、MANTISのアルバム・タイトルがヒントになるだろう。〈dubious〉は〈曖昧な〉という意味を持っているが、ストレートなダブではなく、さまざまな音楽的手法をミックスしながら、そのどれでもない曖昧な領域をダブワイズするのがMANTISの音楽術だ。yarn:moorのサウンドもまた〈dubious〉な匂いがするが、MANTISと比べて、独自の叙情性を漂わせているのが新たな魅力だろう。ディープなダブと繊細なエレクトロニカが出会って生まれる、「あたたかくて、優しくて、つめたい」音響空間。「あのあと、あの森で」「雨のあしあと」「春のにおい」など、曲名からも柔らかなリリシズムがこぼれ落ちる。

 例えば「1014」で〈東京湾〉という言葉が出てきた時、ふと思い出したのが40キロに渡って東京湾を横切っている海底谷のことだった。東京湾には深さ 1000メートルにもおよぶ巨大な海底谷が横断していて、そこには鮫が住んでいることを初めて知った時は東京湾が異世界のように感じられた。 yarn:moorのサウンドに身を浸していると、そんな深い海の底に広がる〈もうひとつの世界〉へと案内されているような静かな興奮がある。濃密でありながら透明。その漂うような歌の風情に、どこかフィッシュマンズのカケラを感じさせつつ、このファースト・アルバム『So, I'll take your hand and..』で彼らは新しい音楽地図を広げて見せてくれた。さあ、冒険の旅の始まりだ。


村尾泰郎
2009 / 05 / 07 ( Thu ) 23:00:07 | Release | トップ↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。