スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
【MANTIS Live】UNIT and root & branch presents UBIK VERSION meets JAH-LIGHT SOUND SYSTEM

2010.01.22 FRI

UNIT and root & branch presents
UBIK VERSION meets

JAH-LIGHT SOUND SYSTEM

OPEN : 23:30
START : 23:30
CHARGE : ADV.2,500yen/W.FLYER 3,000yen/DOOR 3,500yen
※未成年者の入場不可・要顔写真付きID

ベルリン・テクノの聖地、BERGHAINでダブステップ・パーティーSUB:STANCEを主催する気鋭アーティスト、緊急来日決定!!
ミニマル・シーンともシンクロするダブステップ、ダンス・ミュージックの最新トレンドを確認せよ!! 東京を代表するニュールーツ・サウンドシステムJAH-LIGHTのシステムをフロアに設置、その重低音がUNITを震撼させる。。。

LINE UP:

DJ :
SCUBA (HOTFLUSH RECORDINGS)
UNIVERSAL INDIANN (FAMILY TREE / NRBKJ)
JAH-LIGHT SOUND SYSTEM

LIVE:
MANTIS (Tiltloose)

VJ:
BLIND ORCHESTRA


SALOON (B3F) supported SUPERSONIC
DJ :
GREG G (7even Recordings)
RILLA (ALMADELLA)
OSAM "GREEN GIANT" (Soi / REVOLT / Version)
DEMU (NATRAJA)
YUSAKU SHIGEYASU
INFORMATION:


TICKET : 12/26(SAT) on sale
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]344-999
ローソン [L]71284
e+
>>STORE
[渋谷]
● HMV渋谷
● diskunion 渋谷 CLUB MUSIC SHOP
● Lighthouse Records
● TECHNIQUE
[新宿]
● diskunion 新宿 CLUB MUSIC SHOP
[お茶の水]
● diskunion お茶の水 CLUB MUSIC SHOP
[下北沢]
● DISC SHOP ZERO



▼SCUBA (HOTFLUSH RECORDINGS)
ロンドン出身のプロデューサー/DJ。ダブステップ・シーンの創世期から多数の独創的なトラックをリリースする最重要レーベル、Hotflush Recordingsを2003年にスタート。UKガラージュに端を発するアンダーグラウンド・ムーブメントをレゲエ~ダブ、2ステップ、グライムなどの音楽的要素を融合/進化させたオリジネイター。2007年にベルリン移住後、音楽ジャンルの壁を越えてあらゆる方面から大絶賛されたファースト・アルバム『A Mutual Antipathy』を2008年にリリース。そのリミックス・プロジェクトではジャンルの越境者としての真骨頂を見せ、Surgeon, Substance, Jamie Vex’d, Martyn, Marcel Dettmannなどをリミキサーとして起用。別名義であるSCBによるテクノ/ハウスへ急接近を示唆した。ここ最近ではFever RayやRed Snapperなどのリミックス、Hotflushの精力的な新譜リリースなどで多忙を極めている。レーベ運営と音楽制作に加えて、ベルリン・テクノの聖地BERGHAINでダブステップ・パーティー、SUB:STANCEを主催して大きな成功を収めている。2010年1月末にはベルリン・クラブ・シーンを先導するOSTGUTからキャリア初のオフィシャル・ミックスCD『SUB:STANCE』(日本盤流通はULTRA-VYBE)をリリースする。ミニマル・テクノ・シーンとシンクロするダブステップ、ダンス・ミュージックの最新トレンドが提示される。

▼Universal Indiann (Family Tree / NRBKJ)
- Techno / Dubstep Set
20 世紀末に体験した数々のD.I.Y partyに触発されDJをスタート。D.I.Y party crew "NHC"の一員として千葉の牧場、銀行跡地、工場、倉庫から時にはレストラン、そして地上では飽き足らず船上までをもFLOORに変え、既存のclub では飽き足りないparty animal達を熱狂の渦に巻き込む。現在は東高円寺の人間交差点"GRASSROOTS"の名物party"NRBKJ"を根城に、"FLOWER OF LIFE" "FUTURE TERROR" "POW WOW"などいった日本を代表する最重要パーティの数々でプレイ中。そして自身のレーベル"Family Tree Records"より8枚のMIX-CDをリリースし、そのジャンルレスな選曲とスムースなMIXにより幅広い層に支持されている。

▼Jah-Light Sound System
"REAL ROOTS SOUND"をテーマに2004年からサウンドシステムを開始。2007年、自身のレーベル"Lightning Studio Rec."を立ち上げると同時に、1st Singleとなる「Independent Steppers 」(12") をリリース。現在までに、同クルーのNessiLL, Shinisの音源も含めた3タイトルをリリース。また、Jah-Light監修によるMIX CDシリーズ 、"Jah-Light Masters Selection"も現在進行中。Don't miss it !!

▼MANTIS (Tiltloose)
2005年12月、長野県蓼科にて結成。メンバーであるmossとLa-Pachu、2人それぞれの音楽的ルーツとダブとの融合を図るプロジェクト。東京を拠点に音楽制作を行うなか、2007年に RHYTHM & SOUND のMCであるTikiman a.k.a Paul St. Hilaireをゲストヴォーカルに迎え、共同制作。2008年は都内を中心にしながら各地で精力的にライブ活動を行い、Moritz von OswaldやThe Orbが来日した際のイベントに出演。大量のビンテージアナログ機材とラップトップを駆使するスタイルで多方面から賞賛を受ける。2009年1月、自らが主宰するTiltloose Recordsよりファースト・フル・アルバムをリリース。Tiltloose Recordsによるリリースパーティーではブリストルの重鎮、Rob Smithと響宴。満場のオーディエンスとともに全国各地を熱狂の道に巻きこみ、海外の雑誌やラジオでも大きく取り上げられるなど、国内外から大反響を呼んだ。同年12月に、同レーベルより待望のヴァイナルEPがリリースされ、今回のUNITでの公演に臨む。アナログ特有の温かみのある質感と、細部までシーケンスの追求が可能なラップトップの利点を最大限に活かし国内外に独自のダブ解釈を確立すべく、シーンに一石を投じる。


▽Super Sonic
- GREG G (7even Recordings), RILLA (ALMADELLA), OSAM "GREEN GIANT" (Soi / REVOLT / Version), DEMU (NATRAJA), YUSAKU SHIGEYASU
ジャンル超越型パーティー“SUPERSONIC”。これまでにKODE 9、APPLEBLIMをフィーチャーしつつも、ダブ・ブレイクビーツ・テクノといったいわゆるダブステップ方面以外にも積極的にアプローチを仕掛けていくことをコンセプトに涎垂のブッキングを展開。今回はSCUBAの個性とも言える彼独特の『ダブステップ x テクノ』の一面に着目し万全の布陣で臨む。BBC RADIO 1のMARY ANN HOBBS' EXPERIMENTAL SHOWにて<HOTFLUSH>との共同企画をプロデュースした<7even Recordings>主宰GREG G、2009年5月にSCUBAを招聘し、最近ではレーベルとしても注目を集める<ALMADELLA>よりミックスCDをリリースしたばかりの RILLA、既存の枠組みにとらわれることのない多様な楽曲を独自のダブ解釈のもと一つのグルーヴに紡ぎあげていく職人OSAM "GREEN GIANT"、「深くて重い、でも踊れる」を信条に聴く者を自身の世界へと誘うDEMU、ダークかつディープなミニマルサウンドを基調としつつもダブステップへの接近が顕著なYUSAKU SHIGEYASU。SUPERSONICから覚醒する新たな世界観をぜひ体験して頂きたい!

▼GREG G (7even Recordings)
フランスのダブステップシーンを代表するDJの一人、GREG G。1997年からジャングルのDJを始め、その後はUKガラージやダブステップを中心に選曲。パリや自身の故郷であるロワール地方ナントでイベントを開催するほか、いくつかのラジオ番組を手がけ、シーンの発展に貢献している。そしてフランスのダブステップシーンをさらに発展させるべく、2008年に GREG Gは自身のレーベル[7even Recordings]をスタートさせた。FやHELIXIRら新しいアーティストを積極的に紹介し、わずか1年の間に10枚ほどのリリースを重ね、その強力な作品群は世界中で高い評価を得る事となる。“Hotflush vs 7even”と題し、2009年1月に放送されたBBC RADIO 1のMary Anne Hobbs' Experimental Showへ出演、[7even Recordings]の曲を中心にスペシャルセットを披露している。現在Greg Gは東京に長期間滞在し、既にDrum & Bass X Dubstep Warz、Back to Chillといったイベントでフランスや世界中のフレッシュな曲をプレイ。大きな反響を得ている。

▼RILLA (ROPA-REC. / ALMADELLA)
アニマル系雑食DJ= RILLAの操るターンテーブル上でミックスされるのはテクノ~ハウスを経由しながらダブ、ダブステップ更にはブレイクビーツ~ヒップホップなど、その場の雰囲気を重要視しながらのびっくり箱のような選曲がウリ。その選曲の幅の広さから多数のブッキングをこなし、都内を中心に毎週末のようにプレイ。現在のレギュラーは毎月第4木曜日GRASSROOTSでの“GUERILLA”とまだまだDJ修行中。そして2008年、DJ KEIHINと共に今までに味わったことのない音楽“フューチャーミュージック”をテーマにパーティー“ALMADELLA”を始動。 SHACKLETON、PEVERELIST、SCUBA、ONO、GOTH TRAD、MAYURIなど次々と招聘し、確実にオーディエンスの意識を拡張してきた。2009年8月にALMADELLAはレーベルとしても活動をスタート。自身のミックスCD『TOKYO 25:00』をリリースしたばかりである。

▼OSAM "GREEN GIANT" (Soi / REVOLT / Version)
10 代の頃から様々な音楽体験を重ね、90年代中頃からDJとしてのキャリアをスタートさせる。DISC SHOP ZERO主催、青山MIXでの“(0)117”にスタート時より関わる。2006年に10周年を迎えたパーティー“Soi”に、この年より参加。‘ベース・カルチャー’からの影響のもと、独自のダブ解釈を展開。枠組みにとらわれることのない幅広い選曲を信条とする。現在は“Soi”の他に、中目黒 Solfaでの“VERSION”、原宿Ucess The Loungeでの“REVOLT”、代官山UNITでの“DRUM & BASS SESSIONS”など、都内を中心に活動している。

▼DEMU (NATRAJA)
ダブステップを中心にブレイクビーツ、テクノ、エレクトロニカ、ジャングル、ハウス…ジャンルを問わず、臨機応変にミックス。「深くて重い、でも踊れる」をテーマにストーリー性に富んだプレイで、聴く者を独自の世界にはめ倒していく。NATRAJAオーガナイザー。

100122_scuba_300_aritst_photo_1_1.jpg

2010 / 01 / 09 ( Sat ) 21:10:54 | Live Info | トップ↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。