スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
【Mantis《LIVE》】reflexion @ METRO (Kyoto)
jp-1004-517947-0-front.jpg

reflexion@METRO 京都
2013.10.04 (Fri) OPEN : 21:00 ~

ADV ¥2,500inc.1drink  DOOR ¥3,000inc.1drink


LIVE:
MANTIS [Tiltloose / TOKYO]


DJ:
nobuki nishiyama [Earsore, Tiltloos / TOKYO]
DJ HaL [HALPTRIBE / KOBE]
DIZMO
DeeJay おしゃれ
TAITO
KOZ
ES-CA



MANTIS
[Tiltloose / TOKYO]

2005年12月、長野県蓼科にて結成。
メンバーであるmoss(モス)とLa-Pachu(ラパチュ)、2人それぞれの音楽的ルーツとダブとの融合を図るプロジェクト。東京を拠点に音楽制作を行うなか、2007年、2009年にRHYTHM & SOUNDのMCとしても名高いTikiman a.k.a Paul St. Hilaireとのコラボレートを敢行。以降、Moritz von Oswald、The Orb、DEADBEAT等の来日公演におけるライヴ・アクトとして大抜擢を受け、大量のヴィンテージアナログ機材とラップトップを駆使するスタイルで 高い評価を獲得している。2009年1月、自らが主宰するTiltlooseRecordsよりファースト・フル・アルバム『≒ dubious』を、また、同年12月にはヴァイナルEP『≒dubious EP』をそれぞれ発表し、Red Bull Music Academyや UKのWIRE誌でも取り上げられるなど、国内外から大反響を呼んだ。2011年、Tikiman a.k.a Paul St. Hilaireとの新 作を含む、待望のセカンドアルバムをリリース予定。アナログ特有の温かみのある質感と、細部までシーケンス の追求が可能なラップトップの利点を最大限に活かし国内外に独自のダブ解釈を確立すべく、シーンに一石を 投じる。


http://www.myspace.com/mantisdubious
http://tiltloose.com/
http://mantis.tiltloose.com/
2014 / 03 / 07 ( Fri ) 01:41:33 | Live Info | トップ↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。